自分の部屋で寝ろや。

ここでは、「自分の部屋で寝ろや。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹のことですw>タイトル

こちらのサイト様で
「探検隊コンビに25の質問」という
素晴らしい物が配布されてたのでやってみた。
キャラになりきる系の質問やバトンは楽しいなぁw
探検隊コンビに25の質問

1.あなた達の名前、性別、種族を教えてください
W「ウィン。ロコンの♀よ。」
R「リョク。キモリの♂です。」

2.それではあなた達の探検隊名をどうぞ!
W「『しめんそか』。漢字で書くと『四面楚歌』ね。」
R「ウィンが考えてくれたんだよねw」
W「何となく出てきたのよ。」

3.その名前になった由来があれば教えてください
W「『四面楚歌…まわりが敵や反対者ばかりで、味方のないこと。
  孤立無援。(by.エキサイト辞書)』…だって。」

R「ボク最初はよく意味が分からなかったけど凄い名前だよねコレ…。」

4.探検隊ランクは今、どのくらいですか
W「ゴールドランク。まだまだ一流の探検家には程遠いわね。」
R「今の段階で次のランクまであと6000ちょっとだってさ。」

5.ちなみに覚えている技は?
W「だましうち、かえんほうしゃ、ほのおのうず、じんつうりき。」
R「はたく、でんこうせっか、みきり、ギガドレイン。
  …何でわざわざメガドレインからギガドレインにしたの?」

W「何となくよ。何となく。」

6.実は泥棒したこと…あったりします…?
W「あーあるわね。アタシがリンゴとグミ食べちゃったのよw」
R「あの時のカクレオンさん怖かった…。(ガクブル)」
W「(あ…トラウマ化してる……。;)」

7.一番好きなダンジョンと一番苦戦したダンジョンを教えてください
W「ん~…リンゴの森かしら。…とは言ってもまだ全部のダンジョン回ったワケじゃ
  無いけどねw炎タイプのアタシにとっては割と進みやすいし…リンゴもたくさんあるしねw」

R「(やっぱり食べ物か…。)ボクは森とか草原とか水辺とか…自然の多い所が好きかなぁ。
  砂漠とかはちょっと…。砂嵐もキツイし;;;」

W「あ、アタシも砂嵐は嫌い。あとゴーストタイプが出るダンジョンとか…。」
R「あ~…ウィンお化け怖がるもんね。救助の依頼主がゴーストだった時m」
W「こここ怖くなんか無いわよっ!!あいつ等壁すり抜けるから倒すの面倒じゃない!!(半泣)」
R「わ、分かったから落ち着いてよ~;;;」

8.ギルドでの一番の思い出はなんですか?
R「ボクはやっぱり遠征の時かなぁ~。
  あの湖すっごく綺麗だったもん!ね、ウィ…ン……」

W「………。(ブツブツ)」
R「…あの…セカイイチの事(と言うか厳密には夕飯の事)…まだ根に持ってr」
W「えぇそーよ。あんだけ長距離歩いて炎技で燃料使いまくったのにあの扱い何なのよホントに…(ブツブツ)」
R「…つ、次の質問行こっか。ね?;;;」

9.トレジャータウンで一番利用する施設を教えてください
W「やっぱガルーラさんの倉庫かしら。店はグミが売ってたらたまに買う位ね。」
R「パッチールのカフェもよく行くけど施設の内に入るのかなぁ?」
W「交差点の所にあるから違うんじゃない?」

10.好きな道具、よく使う道具は?
W「食べ物全般。」
R「え゙っ!?ベトベタフードも!!?;;;」
W「?…そうだけど?」
R「あ、いや…何でもない…。;;;ボクは…えーと、使用頻度で言えばオレンの実かなぁ。
  ピンチになりやすいし…。」

W「アタシよりHPあるのに何でピンチになんのよ。」
R「ゔ…すぐはぐれちゃうから……。;;;」

11.一緒に探検、救助、お尋ね者退治…様々な依頼がありますが、どの依頼が一番好きですか?
W「やっぱお尋ね者退治かしら。やり甲斐あるし。
  モンスターハウスに居たり仲間連れてたりする奴はうざったいけどね。」

R「ボクもお尋ね物退治は嫌いじゃないけど一番は救助かなぁ。『ありがとう』って言われるし…。」

12.ダンジョンへ行くとき道具はしっかり持っていく派ですか、それともその場で拾ったものを使う派ですか?
W「無論、きっちり持って行くわよ。」
R「ところでさ、ウイン、倉庫の中のリンゴ…いくつかオレンの実にリサイクルしようよ。
  27個は多すぎr」

W「駄目。
R「……。;;;」

13.一番踏んだら嫌な罠を教えてください
W「ワープの罠は面倒ね。リョクが1人だとオレンの実の消費が激しくなるし
  無駄に長距離歩いたらお腹空くのよ。」

R「(心配するのは道具だけか…。;;;)あとまだ踏んだ事は無いけど技が減る罠とかあるらしいね。」

14.よくあなた達と冒険する仲間はいますか?いれば一緒に紹介もお願いします
W「あぁいるわよ。ベトベターの『ねるねる』。♀よ。」
N「あはは~♪どーも~ねるねるで~す♪まだレベル36だよ~w」
R「近々また3人で依頼ついでにレベル上げ行こうか。」

15.お互いの第一印象を教えてください
W「もうとにかく現実が受け入れられなかったからねぇ…。印象も何もあったもんじゃ無かったわ…。」
R「ボクは最初疑っちゃったけど何か信用しちゃったんだよね。初対面だったのに。あとちょっと可愛いかもとか思ったり…。
W「?何か言った?」
R「な、何でもないっ!!///」

16.もしかしてお二人は、友達以上恋人以上の関係だったりします…?
W「………どういう意味…?」
R「え゙っ!?ウィン分かんないの!!?;;;」
W「うんさっぱり。そういうワケだから回答はリョクに任せるわw」
R「え、え~……と;;;その…お、お互い信頼できるパートナーですっ!!///」

17.主人公さんにお聞きします
パートナーのことはどう思っていますか?正直にお願いします
W「最初はあんな状態だったから男のくせに情けないなぁとか思ったわね。
  でも依頼をこなしたりして行くうちに昔よりは大分頼もしくなったわよ。
  ちゃんとバックアップもしてくれるし…それでもまだヘタレな所はあるけどねw
  歳の近い弟みたいな感じよ。」


18.またまた主人公さんにお聞きします
あなたは人間だった過去や、また特別な能力を持っていますが、それについて何か思うことはありますか?
W「人間だった頃の事はやっぱり思い出したいわね。ジュプトルの事は特に。
  時空の…何たらとか言う力は…あれのお蔭で色んな人達を助けられたワケだし、
  特に深くは考えた事無いわ。…と言うか、元々細かい事考えるの苦手なのよねw」


19.それでは今度はパートナーさんにお聞きします
主人公のことをどう思っているか、正直に教えてください
R「ボクより強くて頼れる存在だよ。腕相撲なんか1回も勝てた事無いし…。;;;
  今はまだウィンに頼っちゃう所もあるけど、いつかはボクがウィンを守れるようになりたいんだ。
  ウィンが居てくれたから…ボクもここまで頑張れたんだ。本当に感謝してるよ。
  あともうちょっと食べる量が減ってくれれば………無理だろうなぁ;;;」


20.再びパートナーさんにお聞きします
今まで様々なピンチがあったと思いますが、一番「もうだめだ」と思った時はいつですか?
R「やっぱり未来世界に行った時かなぁ。あの時はもうどうしたらいいのか分からなくって…。
  でもウィンと一緒だったから、あんな状況でも頑張れたんだと思うよ。」


21.ここからはお二人にお聞きします
ジュプトルに対しての印象、伝えたいこと等あれば教えてください
W「…まだ生きてるのかしら……。」
R「やっぱり…消滅しちゃったのかなぁ…。;;;」
W「泣くなっての!…でも、もしまた会えたらその時は『しめんそか』の仲間入り決定ね♪」
R「うん!勿論!」

22.相手のここはちょっと直して欲しい…というところ、あったりします?
W「ヘタレな所、すぐはぐれる所。大まかに言えばこの2つね。」
R「(ハッキリ言うなぁ…。;;;)…やっぱり食べる量かな。あと寝相がちょっと悪いのも…。」

23.では逆に相手のここが好き!というところはどこですか?
R「え゙っ!!?///え、えーと…や、やっぱり…ボクより強い所……かなぁ…。」
W「…………………………低体温な所…?夏場は涼しいし。」
R「散々考えてソレ!?しかも疑問系!!?;;;」
W「仕方ないじゃない。思いつかなかったんだから。」
R「酷っ!!;;;」

24.これからも一緒に探検隊は続けていきますか?
W「勿論♪やるからには一流の探検家を目指すわよ!」
R「うん!」

25.それでは最後に一言どうぞ!
W「報酬がグミ関連の依頼は『しめんそか』まで宜しく!!」
R「最後に言うことソレ!?;;;あ、ここまで読んで下さって有難う御座いました!」
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。